心穏やかに シンプルライフ

心の余裕はシンプルな暮らしから

心を強く…

新居へ引越し後、家の横を通る車の走行音に悩まされています。

土地、基礎の種類、断熱材や壁などの材質、建具、配線、設備など細かなことまで考え実現した思いの詰まった新居ですが、家にいる間中聞こえてくる音に強いストレスを感じ、気が滅入ってしまいました。

自分の弱さを知り、家事をはじめ日々の生活は、心が安定していてこそ、こなしていけるものだと改めて気づきました。

 

人生は思いがけないことばかり多いもの。

神経に不愉快な刺激を受ける中で、今は何も身に染みてする気にならない。仕事も手につかないというようでは、しなくてはならない多くの仕事を残して生涯を閉じなくてはならないことになる。

私たちは無事の日を常と思わず、むしろ気がかりのあることを人生普通のことと思うように我が心を鍛えておかなければならない。

そうして無事の日を、特に与えられた恵みの時として感謝し、喜びもしたい。

 

羽仁もと子選集 「唯今主義」の一節が心に響きました。

今は心を鍛える試練の時。

今日も家族が元気で一日を無事に終えられた。

そんな当たり前のことに感謝をして明日を迎えたいと思います。